FC2ブログ
 リンクはフリーです。後からでも構いませんので、もし良かったら管理人にその旨メールしていただければありがたいです。アドレスは「shuwarutsu@hotmail.co.jp」です。勿論、掲示板への書き込みでも可です。
カテゴリー ⇒ | 更新履歴ページ紹介文字発音文法/概説文法/動詞系統文法/名詞系統文法/疑問詞・関係詞文法/形容詞・副詞文法/格助詞・接続詞文法/その他の品詞助詞一覧幹詞一覧例文集時限記事その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

助詞/格助詞・1

 格助詞は名詞の直前に置かれ、その名詞の格を示す品詞である。助詞1語による格助詞は18種類あり、それ以外の格助詞は幹詞に前置詞「bi/」を添える事により示す。前置詞「bi」を伴う格助詞についての解説は後日とし、以下に、助詞1語による格助詞を一覧とする。

◆通常は省略される格助詞

主格 (~が)…… ha/ヒャ
与格 (~に)…… vi/フィ
対格 (~を)…… ri/ルィ

 ただし、倒置文やSVOO構文などでは必須となる場合がある。基本的なSVO構文を使う場合これらの格助詞は省略するが、強調の為に復活させても差し支え無い。

 なお、アスガル語の「与格/対格」と日本語の「ニ格/ヲ格」は必ずしも1対1で対応するわけではなく、動詞によっては逆に訳すべき場合も少なくないので留意されたい。詳細については後日、それぞれの動詞の用法と共に解説する。

◆特定の態のみで使われる格助詞

(使役受動態で使われる) 使役主格 (~に…させられる)…… lë/リェ
(受動態で使われる) 動作主格 (~に…される)…… bï/
(交互態で使われる) 対向主格 (~と…し合う)…… hä/ヒャ
(使役能動態で使われる) 被使役格 (~に…させる)…… rë/

 これらの格助詞がある場合、動詞の持つ態が自動的に特定される為に、助動詞によって態を明示する必要は無くなる。

◆その他の格助詞

時間 (~で・~に)…… xö/
場所 (~で・~に)…… bö/
状況 (~で・~に)…… nä/
手段 (~で)…… ho/ヒョ
随伴 (~と)…… vï/フィ
関連 (~の)…… fi/ヘィ
所有 (~の)…… fo/ホォ
所属 (~の)…… fu/ホゥ
起点 (~から)…… cö/チョ
経由 (~経由で)…… nï/
終点 (~へ・~まで)…… ßä/

※1) 状況の「nä」は、総合的なTPOを一言で示す際に使う。例えば「昨日のパーティーで」の『で』は、単に昨日あったパーティーの開催中という『時間』を表わすわけでもパーティーが行われた会場という『場所』を表わすわけでもなく、総合的に「昨日のパーティー」の中という状況を表わしているので「nä」を使う。

※2) 関連の「fi」は、所有・所属関係の無い「AのB」を表わす。例えば「彼の写真」という語を訳す際に、それが「彼の所有する写真」の意味なら「fo」を、「彼が写った写真」の意味なら「fi」を使う。

※3) 所有の「fo」と所属の「fu」の違いは、例えば「私の会社」の『私』がワンマン社長なら「fo」を、単なる一社員なら「fu」を使う。

※4) あまりある事ではないが、経由の「nï」を場所ではなく時間に対して使う際は「少なくとも、その時間には行われている最中だった」といった感じの意味になる。日本語にはこれを一言で表わす言葉が見当たらないので、訳す際には特に文脈に留意されたい。
スポンサーサイト
    文法/格助詞・接続詞

助詞/等位接続詞・1

 等位接続詞は接続詞の一種であり、語句や文・節同士を同じレベルで繋ぐ接続詞である。どういったレベルで繋ぐかによって3種類に分かれる。等位接続詞には、助詞1単語による物と、幹詞に前置詞を添えた物がある。前置詞によって示される物についての解説は後日とし、ここでは助詞1単語による接続詞について解説する。

 文・節レベルで繋ぐ場合と語句レベルで繋ぐ場合とでは、互いが動詞を含んでいるかが区別の為の判断材料となる。

◆等位接続詞 (文・節  語句  それ以下)

順接…… fä/ハン  fï/ヘィン  fü/ホゥン
逆接…… dä/ダン  dï/ディン  dü/ドゥン
選択…… gä/ガン  gï/ギン  gü/グン
並列…… sä/シャン  sï/シン  sü/シュン

 「それ以下」とあるのは、語句よりもさらに小さい要素でつなぐ場合に使う事を示している。下の例2では、接続詞「sü」が「bois」と、句である「pöme ga ruge」中の単語「pöme」のみをつないでいるので、形容詞句「ga ruge」が「bois sü pöme」に掛かっている事が判断出来る。

例1) bois sï pöme ga ruge……木と、赤いリンゴ

例2) bois sü pöme ga ruge……赤い、木とリンゴ

単語) pöme/ポン……リンゴ  ruge/ル……赤色
    文法/格助詞・接続詞

助詞/その他の接続詞

 助詞1語による接続詞について、残りの全てを解説する。ただし、前置詞「so」と共に用いられる接続詞「se~」についての解説は、後日『接続詞を示す前置詞』の項で行う。また、接続詞「yu」については既に『助詞/比較詞』の項で解説済みであるので、ここでは言及しない。

比較対象…… yu/
前置詞「so」と組で用いる…… së/シェ
括弧開く…… lï/
括弧閉じる…… rï/ルィ
that節のthat…… dö/
なぜなら…… vä/フ

◆括弧の接続詞「lï/rï」

 語句や節が長くなりすぎてしまう場合に「lï」と「rï」で対象を挟む事により、区切りを明白する事が出来る。これは意味を明確にしたい場合にのみ使えばよいのであって、普段から使われるわけではない。

例) Jä la sait fë vi lï lä nap cät bi puv fë xö neufäno bö misö fo jö ha më rï xö napäno fo fë bö ekole./ジャンリャ・シャン・フィン・リャン・プチャプン・ン・ネウハンン・ミション・ホォジョン・ヒャン・ルィン・ン・ナパンホォン・ン・エコリェ……私は“彼が正月に自分の家で彼女の為に歌を生み出した事”を彼女の誕生日に学校で彼女に伝えた。

単語) sait/シャ……知識、<自動詞>[与格]を知る、<他動詞>[対格]に[与格]を教える  nap/プ……誕生、創造、<自動詞>産まれる、<他動詞>[対格]を産む  cät/チャ……歌、<再帰動詞>~を歌う  puv/プ……<格助詞>~の為に  neufäno/ネウハン……新年、正月  ha/ヒャ……<格助詞>主格  napäno/ナパン……誕生日

 この例文の場合、接続詞「lï/rï」が無ければどの行動がいつどこで行われたのかが判りづらくなる。

 これはしかし、我ながら典型的な悪文だと思います。接続詞「lï/rï」のおかげで何とか意味が取れなくもありませんが、それにしても通常は文を2つに分けるとかして対処するべきでしょうね、本来ならば。

◆名詞節の接続詞「dö」

 「dö」は、英語の「that節のthat」にあたる接続詞である。よって、通常は名詞節のみを従えるはずであるが、指示詞「yï/yi」の後に表れた場合は名詞句を従える事がありうる。これは、「dö」がいわゆる「It/That構文のThat」として用いられる事による。

◆理由の接続詞「vä」

 理由の接続詞「vä」は、接続詞句「ge rais」(英語の「because」にあたる)または格助詞句「bi rais」(英語の「bacause of」にあたる)と同じ物と考えて差し支え無い。品詞としては「格助詞的用法の可能な従属接続詞」と考えれば最も近いであろう。

例1) Jä ßa amik cat vä bo beav./ジャン・・アチャファン・・ベ……私は猫が好きだ、なぜなら美しいから。

例2) Jä ne ra av veni je ekole vä yuye./ジャン・・フェジェ・エコリェファン・ユイェ……雨なので学校に行かなかった。

例3) Jä ne ra av veni je ekole vä yuye ßa es./ジャン・・フェジェ・エコリェファン・ユイェ……雨が降ったので学校に行かなかった。

 上でも述べたように、本来別に「vä」という接続詞は必要無かった訳です。なのに何故設定したかというと、単に「1つ余った」というのが理由だったりします。助詞230個にそれぞれの役割を当てはめていった結果として1つの余剰が生まれたので、従属接続詞の中でも一番よく使いそうな「~なので」という語を短く表現出来る事にしました。ですのでもし将来的に、新しい意味を持つ助詞を何か一つ作りたくなった場合、この「vä」が真っ先に改変対象に選ばれる事でしょう。はたして「理由の接続詞 vä」は、この先生き延びる事が出来るのでしょうか?(笑)
    文法/格助詞・接続詞

接続詞を示す前置詞

 接続詞を示す前置詞は6種類ある。

◆等位接続詞を示す前置詞 「ma/  mi/  mu/

 等位接続詞を示す前置詞は、どのレベルで各要素をつなぐかによって3種類に分かれる。これは、既に『品詞/等位接続詞』の項で解説した事と同様であるので、詳細についてはそちらを参照されたい。

文・節…… ma/
語句…… mi/
それ以下…… mu/

◆従属接続詞を示す前置詞 「go/  ge/

 従属接続詞を示す前置詞は、従属節と主節の位置関係により2種類に分かれる。

従属節 ⇒ 主節…… go/
主節 ⇒ 従属節…… ge/

例1) Cat bo beav go rais jä ßa amik./チャ・ベ・ラジャン・・ア……猫は美しいから、私は好きだ。

例2) Jä ßa amik cat ge rais bo beav./ジャン・・アチャ・ラ・ベ……私は猫が好きだ、なぜなら美しいから。

単語) go rais/・ラ……~だから  ge rais/・ラ……なぜなら~ (≒vä)

 「ge rais」の代わりに「vä」を使っても基本的には同じ事であるが、「ge rais」はあくまでも接続詞句としてしか用いられないのに対し、「vä」は格助詞的用法がありうる。

例) Jä ne la veni je ekole vä yuye./ジャン・リャ・フェジェ・エコリェファン・ユイェ……雨なので学校に行かない。

※) 「Jä ne la veni je ekole ge rais yuye.」とは言えない。「ge rais」を使いたければ「Jä ne la veni je ekole ge rais yuye ßa es./ジャン・リャ・フェジェ・エコリェ・ラ・ユイェ……雨が降っているので学校には行かない」などとする必要がある。

◆相関接続詞を示す前置詞 「so/ショ

 相関接続詞を示す前置詞「so」は、接続詞「së」と共に使われる。

例1) so eplus cië së cat/ショ・エプリュ・チィン・シェン・チャ……犬と猫の両方 (英語の「both ~ and …」が、アスガル語では「so eplus ~ së …」にあたる)

例2) so nizev cië së cat/ショ・ニツェ・チィン・シェン・チャ……犬でも猫でもない (英語の「neither ~ nor …」が、アスガル語では「so nizev ~ së …」にあたる)

 英語とは異なり、1語の相関接続詞「eplus」が「both+and」の、「nizev」が「neither+nor」の意味を持つ。
    文法/格助詞・接続詞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。