FC2ブログ
 リンクはフリーです。後からでも構いませんので、もし良かったら管理人にその旨メールしていただければありがたいです。アドレスは「shuwarutsu@hotmail.co.jp」です。勿論、掲示板への書き込みでも可です。
カテゴリー ⇒ | 更新履歴ページ紹介文字発音文法/概説文法/動詞系統文法/名詞系統文法/疑問詞・関係詞文法/形容詞・副詞文法/格助詞・接続詞文法/その他の品詞助詞一覧幹詞一覧例文集時限記事その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

形容詞と一般副詞

 形容詞と一般副詞は共に、幹詞に前置詞を添える事により表わされる修飾句であり、名詞・動詞・形容詞等を修飾する事が出来る。前置詞と幹詞から成り立つ句として被修飾語に掛かる為に、必然的に後置修飾となる。

 形容詞と一般副詞の文法上の違いは、その修飾関係にある。形容詞は被修飾語に成りうるが、副詞は被修飾語には成りえない。また、同じ被修飾語は複数の形容詞に同時に修飾されうるが、1つの被修飾語は1つの一般副詞にしか修飾されない。

 これらの事から、形容詞を示す前置詞は修飾関係を明確にする為に複数の形を必要とするが、一般副詞を示す前置詞は1つで十分となる。一方、形容詞はその性質上、被修飾語とかなり離れた位置にあっても修飾関係を明確にする事が可能である場合がありうるが、一般副詞の位置は基本的には被修飾語の直後に限定される。

 なお、アスガル語では一般副詞の他に、比較詞と否定詞も副詞の一種に分類される。それぞれは助詞1語による副詞であり、一般副詞句とよく似た性質を持つが、細部では異なる点も多い。詳細は後日、それぞれの項で解説する。
スポンサーサイト
    文法/形容詞・副詞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。