FC2ブログ
 リンクはフリーです。後からでも構いませんので、もし良かったら管理人にその旨メールしていただければありがたいです。アドレスは「shuwarutsu@hotmail.co.jp」です。勿論、掲示板への書き込みでも可です。
カテゴリー ⇒ | 更新履歴ページ紹介文字発音文法/概説文法/動詞系統文法/名詞系統文法/疑問詞・関係詞文法/形容詞・副詞文法/格助詞・接続詞文法/その他の品詞助詞一覧幹詞一覧例文集時限記事その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

助詞/格助詞・1

 格助詞は名詞の直前に置かれ、その名詞の格を示す品詞である。助詞1語による格助詞は18種類あり、それ以外の格助詞は幹詞に前置詞「bi/」を添える事により示す。前置詞「bi」を伴う格助詞についての解説は後日とし、以下に、助詞1語による格助詞を一覧とする。

◆通常は省略される格助詞

主格 (~が)…… ha/ヒャ
与格 (~に)…… vi/フィ
対格 (~を)…… ri/ルィ

 ただし、倒置文やSVOO構文などでは必須となる場合がある。基本的なSVO構文を使う場合これらの格助詞は省略するが、強調の為に復活させても差し支え無い。

 なお、アスガル語の「与格/対格」と日本語の「ニ格/ヲ格」は必ずしも1対1で対応するわけではなく、動詞によっては逆に訳すべき場合も少なくないので留意されたい。詳細については後日、それぞれの動詞の用法と共に解説する。

◆特定の態のみで使われる格助詞

(使役受動態で使われる) 使役主格 (~に…させられる)…… lë/リェ
(受動態で使われる) 動作主格 (~に…される)…… bï/
(交互態で使われる) 対向主格 (~と…し合う)…… hä/ヒャ
(使役能動態で使われる) 被使役格 (~に…させる)…… rë/

 これらの格助詞がある場合、動詞の持つ態が自動的に特定される為に、助動詞によって態を明示する必要は無くなる。

◆その他の格助詞

時間 (~で・~に)…… xö/
場所 (~で・~に)…… bö/
状況 (~で・~に)…… nä/
手段 (~で)…… ho/ヒョ
随伴 (~と)…… vï/フィ
関連 (~の)…… fi/ヘィ
所有 (~の)…… fo/ホォ
所属 (~の)…… fu/ホゥ
起点 (~から)…… cö/チョ
経由 (~経由で)…… nï/
終点 (~へ・~まで)…… ßä/

※1) 状況の「nä」は、総合的なTPOを一言で示す際に使う。例えば「昨日のパーティーで」の『で』は、単に昨日あったパーティーの開催中という『時間』を表わすわけでもパーティーが行われた会場という『場所』を表わすわけでもなく、総合的に「昨日のパーティー」の中という状況を表わしているので「nä」を使う。

※2) 関連の「fi」は、所有・所属関係の無い「AのB」を表わす。例えば「彼の写真」という語を訳す際に、それが「彼の所有する写真」の意味なら「fo」を、「彼が写った写真」の意味なら「fi」を使う。

※3) 所有の「fo」と所属の「fu」の違いは、例えば「私の会社」の『私』がワンマン社長なら「fo」を、単なる一社員なら「fu」を使う。

※4) あまりある事ではないが、経由の「nï」を場所ではなく時間に対して使う際は「少なくとも、その時間には行われている最中だった」といった感じの意味になる。日本語にはこれを一言で表わす言葉が見当たらないので、訳す際には特に文脈に留意されたい。
スポンサーサイト
    文法/格助詞・接続詞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。