FC2ブログ
 リンクはフリーです。後からでも構いませんので、もし良かったら管理人にその旨メールしていただければありがたいです。アドレスは「shuwarutsu@hotmail.co.jp」です。勿論、掲示板への書き込みでも可です。
カテゴリー ⇒ | 更新履歴ページ紹介文字発音文法/概説文法/動詞系統文法/名詞系統文法/疑問詞・関係詞文法/形容詞・副詞文法/格助詞・接続詞文法/その他の品詞助詞一覧幹詞一覧例文集時限記事その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

助詞/間投詞

 アスガル語の間投詞は7種類ある。全て、助詞1語による品詞である。

 ただし、品詞として存在する間投詞は7種類のみだが、他にも普通名詞や短文が間投詞的に使われる事がある。これについての解説は後日とする。

◆返答用の間投詞

はい/Yes…… ya/
いいえ/Yes…… se/シェ
はい/No…… du/ドゥ
いいえ/No…… no/

 返答用の間投詞は4種類ある。肯定疑問と否定疑問とで返答を分ける。

◆特定の意味が無い間投詞

あいづち等…… hi/ヒィ

 特に意味を持たない間投詞である。一般的にはあいづちとしてや、他には不特定の相手への呼びかけとして使われる。

◆付加疑問用の間投詞

肯定…… yä/
否定…… nö/

 「yä」と「nö」は、共に付加疑問詞のような感じで使われる間投詞である。

 「yä」は主に「~, yä.」の形で、既に同意が得られている話題に関して軽く確認を取る意味で使われる。この場合、特に返答を必要としない場合が多い。

 「nö」は主に「~, nö?」の形で、相手に同意を求める意味で使われる。この場合、通常は返答を必要とする。
スポンサーサイト
    文法/その他の品詞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。