FC2ブログ
 リンクはフリーです。後からでも構いませんので、もし良かったら管理人にその旨メールしていただければありがたいです。アドレスは「shuwarutsu@hotmail.co.jp」です。勿論、掲示板への書き込みでも可です。
カテゴリー ⇒ | 更新履歴ページ紹介文字発音文法/概説文法/動詞系統文法/名詞系統文法/疑問詞・関係詞文法/形容詞・副詞文法/格助詞・接続詞文法/その他の品詞助詞一覧幹詞一覧例文集時限記事その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

シュワーについて

 アスガル語では、口ごもった時や抑揚のみでの返答時などに自然に出てくるシュワーを「Mmm,Nnn,Qqq,Rrr」などで表わす事にしています。ですが最近『アルカの部屋』の記事を見ていると「やっぱりシュワーを表わす為の記号もあった方が良いのかなぁ…」と思えてきました。

 で、一つの案としてこういう物を出してみます。勿論本来は別の音を表わす為の発音記号が由来ですが、アスガル語での使い方はあくまでも「シュワー記号」です。

 クリック↓
 Shuwaa.jpg


 これは『記号』であって『文字』ではありません。ですので本来『大文字/小文字』(大記号/小記号?)の区別は必要無いのですが、せっかく過去の名残で両方あるからには2種類とも公開しようかと思いました。

 アスガル語は一時「6母音体系」を検討していた事がありましたが、自分自身が混同しやすかったので結局は5つに減らしました。その時期に第6の母音字として使っていたのがこれです。過去の名残というのは、つまりそういう事です。
スポンサーサイト
    その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。